読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日もくもく

主に備忘録と日記

TeX の表で横の二重線を使う

TeX CLANNAD

TeX で表を書くときに普通に \hline を 2 つ書くと二重線になるが縦の罫線が途切れてしまう.
例えば

\documentclass{jsarticle}
\begin{document}
\begin{table}
  \begin{tabular}{|c||c|c|c|c|c|c|c|c|c|} \hline
    名前 & 古河渚 & 藤林杏 & 一ノ瀬ことみ & 坂上智代 & 伊吹風子 & 宮沢有紀寧 &\\
    \hline \hline
    感想 & 好き & 大好き & 好き & 大好き & 好き & 一緒にいたい &\\
    \hline
  \end{tabular}
\end{table}
\end{document}

のように書くと

f:id:xartaky:20170219232409p:plain

という表になる.1
これだと何だか 1 行目と 2 行目で分断されている気がして,あまり好きじゃない.
このときは

\documentclass{jsarticle}
\usepackage{hhline} 
\begin{document}
\begin{table}
  \begin{tabular}{|c||c|c|c|c|c|c|c|c|c|} \hline
    名前 & 古河渚 & 藤林杏 & 一ノ瀬ことみ & 坂上智代 & 伊吹風子 & 宮沢有紀寧 &\\
    \hhline{|=#=|=|=|=|=|=|=|}
    感想 & 好き & 大好き & 好き & 大好き & 好き & 一緒にいたい &\\
    \hline
  \end{tabular}
\end{table}
\end{document}

のように書くと

f:id:xartaky:20170219232911p:plain

という表になり,横の二重線を使っても縦の罫線がつながる.
両者の違いは hhline を使っているか否かである.
2 つ目の表の hhline の {} の中を見てみると,横の二重線は = で設定し,縦の罫線は | で設定している.
また縦の罫線も二重線にしたいなら # を使えば良いことが分かる.
いずれにせよ,使っている記号は直感的で分かりやすい.


  1. この表に出てくるのは全員 CLANNAD というゲームのキャラクター.皆さんかわいいのだが,特に宮沢有紀寧さんは私にとって癒やしそのものというか,とにかく素晴らしい存在である.宮沢有紀寧さんがいるから私は今生きているのかもしれない.